西三河の高性能×完全自由設計×適正価格の家岡崎市 豊田市 刈谷市 知立市 東海市 安城市 西尾市 碧南市 高浜市 みよし市 東郷町 幸田町

岡崎、豊田、刈谷、知立、東海の家づくりの想いを叶えるオカザキホーム

mainvisual
SCROLL DOWN ―

Conceptコンセプト

私たちの家づくり

01

高耐震×高耐久

実際の地震波を実物の建物で
実験をしています。

消防署・警察署で採用される国内最高レベルの耐震等級3採用。
直下率・偏心率・全棟構造計算、国土交通大臣認定の高倍耐力壁+
実績のあるダンパー最高の耐震性能。
国内初の実物耐風実験で近年の異常な台風にも耐える
最高の耐風性能。

Seismic  Resistance 

耐震性

実物耐震強度
実験しているかが、
とても重要です。

耐震等級3以上の地震波を連続10回与える
実験を実施し、構造体はもちろん、
内装材も損傷なしの結果。

オカザキホーム(アキュラホームグループ)では、「実験のための建物」ではなく、一般的にお客様がお建てになる建物より更に耐震性能を落とした条件での実験を行いました。2階建約32坪の標準的な間取りで、屋根一体型太陽光発電を13kWも搭載し、建物を重くすることで、より不利な環境を作り出しました。

地震実験(任意)
実際の地震と同等の揺れに耐えらるかどうかを確認するために、耐震実験で強度を測定します。この耐震実験の実施は義務化されておらず、建築会社各社の判断に委ねられています。

耐震は国内最高レベルの「等級3」

chart
chart
chart
chart
chart

実物大耐震実験で強さを実証

日本で起きた大地震をはじめ、世界の大地震、これから
起こるとされる大地震で実験を行なっています。

東北地方太平洋沖地震

  • 最大加速度 / 2,933gal
  • 震度 / 7
  • マグニチュード / 9.0
損傷なし

熊本地震(前震)

  • 最大加速度 / 817gal
  • 震度 / 7
  • マグニチュード / 6.5
損傷なし

熊本地震(本震)

  • 最大加速度 / 899gal
  • 震度 / 7
  • マグニチュード / 7.3
損傷なし

新潟県中越地震

  • 最大加速度 / 1,722gal
  • 震度 / 7
  • マグニチュード / 6.8
損傷なし

兵庫県南部地震(JR鷹取)

  • 最大加速度 / 750gal
  • 震度 / 6強
  • マグニチュード / 7.3
損傷なし

兵庫県南部地震(JMA神戸)

  • 最大加速度 / 891gal
  • 震度 / 6強
  • マグニチュード / 9.0
損傷なし

チリ地震

  • 最大加速度 / 1,104gal
  • 震度 / 6強
  • マグニチュード / 8.8
損傷なし

スマトラ沖地震

  • 最大加速度 / 127gal
  • 震度 / 4
  • マグニチュード / 8.5
損傷なし

首都直下型地震(想定)

  • 最大加速度 / 787gal
  • 震度 / 6強
損傷なし

南海トラフ地震(想定)

  • 最大加速度 / 652gal
  • 震度 / 6強
損傷なし

国内最高の耐震基準である耐震等級3は、約600galの地震にも耐えられることを保証するものです。600galの地震は、数百年に一度の地震として設定されたものでした。しかしながら、近年の地震は基準設定時(1951年)の想定から大きく外れ、700〜3,000galを計測しています。

galとは、地震の揺れの大きさを示すために使われる加速度を表す単位です。 特に980galで1G(地球の重力)を表します。

直下率

熊本地震で倒壊した住宅の壁量は耐震等級2を満たしていましたが、柱直下率47.5%という状況でした。直下率をオカザキホームでは60%以上を基準とします。 ※直下率…1階と2階がつながっている柱・耐力
     壁の割合

国土交通大臣認定の高倍率耐力壁

構造を「面」で支える「耐力壁」を採用し更なる高精度施工を実現。空間の自由度を広げる強い壁です。壁-1グランプリにて総合優勝の評価。

偏心率・全棟構造計算実施

偏心率(建築基準法)は0.3以下と規定されていますが、オカザキホームは0.15以下を基準とします。 ※偏心率…重心と剛心の隔たりのねじり抵抗に
     対する割合

業界最強クラスの壁「8㌧壁」

住まいの作り手として、木造住宅の可能性を追究してきたオカザキホームが、令和の時代に求められる大開口・大空間デザインと安全性能を両立・実現するために開発した業界最大である15倍の壁倍率をもつ耐力壁です。

  • いままで鉄骨でしかできなかった大空間、
    大開口を8㌧壁を使った新世代木造で実現!
  • 1枚の壁で一般木造の耐力壁8枚分以上の強さ、
    だから使うカベを少なくでき大開口をつくれる!
  • 小さい敷地でもあらゆる間取りを実現できる、
    プランの可能性が広がった!
  • 2階建てだけでなく3階建てにも柔軟に対応!
  • 木造ではあきらめていた、大型2台以上の
    ビルドインカーポートが実現!

国土交通大臣認定壁倍率5倍 × 地震の揺れを最大70%低減

地震の衝撃を吸収する制震ダンパーを採用

制振(震)仕様
建物の揺れを約1/2に抑える、「制振装置MERシステム
Pタイプ(オイルダンパー)」を全ての建物に使用

制振装置「MERシステム Pタイプ(オイルダンパー)」で地震が起きた瞬間から揺れを制御し、建物の揺れが増幅することを防ぎます。東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)や阪神淡路大震災が起きた際の建物の変形を半分程度に抑え、倒壊のリスクを軽減します。また、最近の熊本地震では、新築住宅が崩壊する中、MERシステム Pタイプ(オイルダンパー)を設置した家は無傷。その効果が実証されました。

Wind  Resistance 

耐風性能

小さな技術の積み重ねで
耐風力に大きな差が生まれます。

日本最大級の風速65mを超える暴風に耐える極めて高い耐風性能を実証。

来場予約キャンペーン

軒天・屋根・構造躯体に置いて全て損傷なしの結果。

来場予約キャンペーン来場予約キャンペーン