マイホームを建てる前に考えておきたい“ライフサイクルコスト”

オカザキホームのこだわり紹介
ライフサイクルコストって知っていますか?
▶︎▶︎▶︎

家づくりで一番気になるのが「お金」のこと。せっかく家を建てるなら、ライフサイクルコストを考え、先々まで家計に優しいマイホームを実現してみてはいかがでしょうか? オカザキホームではお客様の豊かな暮らしをお手伝いするために、住まいの「ライフサイクルコスト」にこだわっています。

 

 

住まいのライフサイクルコストとは、購入〜購入後のメンテナンスやリフォームまで、家に生涯かかる費用全てを指します。

例えば、購入時の費用を抑えたとしても、その後のメンテナンスやリフォームなどにお金がかかってしまえば、住まいのライフサイクルコストが結果的に高くなってしまうことも。

 

 

そこで、オカザキホームでは高断熱性能太陽光発電などで電気代や冷暖房費を節約。さらにメンテナンス費用が軽減できる仕様を追求。

例えば、一般的に450万円程度かかると言われている屋根や外壁のメンテナンス。
耐久性の高い屋根材や外装材を使うことで、将来のメンテナンスコストを210万円に抑えられる仕様をご提案しています。

さらに、太陽光発電を10kW搭載した場合。ご家庭で使う電気は太陽光発電で賄いつつ、売電収入も確保。
例えば35年で約620万円。太陽光売電でメリットが得られることもあるんですよ!

メンテナンス費用の軽減と、太陽光売電収入を合計した場合。
建てた後に掛かるコストに約1,000万円も違いが出るなんて驚きではないでしょうか。

 

 

 

オカザキホームでは、ライフサイクルコストを抑える知恵や、完成実例をたくさん保有しています。
ライフサイクルコストについて詳しく知りたい方は、お気軽にオカザキホームまでお問い合わせください♪


オカザキホームの“暮らしデザイン”で笑顔の毎日を♪

オカザキホームのこだわり紹介
暮らしをデザインするために…
▶︎▶︎▶︎

 

適正価格」「住み心地」「ライフサイクルコスト」「暮らしデザイン」。
4つのこだわりを軸に、豊かな暮らしを叶える家づくりをご提案しているオカザキホーム。
今日は、4つのこだわりの中から「暮らしデザイン」についてほんの少しお話ししてみたいと思います♪

 

 

オカザキホームでは手の届く価格の注文住宅を、自慢のデザイナーたちが設計しています。
ひとつひとつお客様のこだわりを伺い、間取りから細かな造作まで作り込んでいく注文住宅は、住まいとしての美しさにも配慮しています。
快適さ・美しさなど一定のレベルを保つため、独自の「デザインコード」を開発。
また、マイホームでご家族が笑顔で暮らしていただくためのしあわせデザインもご用意しています。さらに、見た目や使い勝手だけでなく、家が完成した後も安心して暮らしていただくためのしくみをデザイン。

 

 

家守り活動住まいの35年保証など、家が完成した後もずっと頼れる会社であるための体制作りにも尽力しています。

どれか一つが欠けても成り立たない、豊かな暮らしを叶えるための「暮らしデザイン」は、私たちの自慢です!

 

 

住み心地の良い空間づくりが認められ、先日は建築家・伊東豊雄氏を審査員長に迎えた「WOODONE空間デザイン施工例コンテスト2018」で、岡崎東展示場が入賞しました♪

日本でも数多くの建築賞受賞歴を持つ建築家にも認められた岡崎東展示場以外にも、常設モデルハウスや、期間限定のコンセプトモデルハウスを公開中!
実際に、間取りや写真を見てもなかなかわからないと言う方は、ぜひ実物大のモデルハウスで暮らしデザインを体感してみてください♪

 

 

暮らしデザインで毎日笑顔の毎日をご提案♪
岡崎大門コンセプトモデルハウスはこちら
https://www.okazakihome.co.jp/modelhouse/daimon.html

 

○住所:岡崎市大門2丁目13番3の一部(ルピナシティ岡崎市大門内)
○見学予約はこちらから→
https://www.okazakihome.co.jp/contact/event.html#eventinfo


本当の“住みごこち”を一緒に考えてみませんか?

オカザキホームのこだわり紹介
本当の“住みごこち”のハナシ
▶︎▶︎▶︎
オカザキホームって、どんな家づくりをする会社?と聞かれたとき。私たちは「住み心地(=生活動線を考えた間取り)をご提案する会社です」と言えたらいいなと思っています。
毎日を過ごす家だからこそ、ちょっとした間取りの工夫で家事の負担が変わります。“家事ラク動線”とも表現される工夫は、住まいの建築条件やお客様のライフスタイルによっても何が正解かは異なります。

 

例えば、花粉症の方がいるご家庭や共働きのご家庭なら浴室暖房乾燥機付きユニットバスや部屋干しスペースを設けることで、洗濯にかかる負担がほんの少し軽減。
また「洗濯機を回す〜干す〜しまう」の一連の作業をする場所がコンパクトにまとまっていれば、家事をする際に歩く距離だって少なく済みます。

 

例えば、キッチンから洗面室までの距離が2.09m短縮した場合。1年間にママが歩く距離は実に約122.6kmも短縮されることがオカザキホームとグループ会社、アキュラホームとの間取り調査で分かっています。

 

 

オカザキホームでは、お客様がマイホームで暮らし始めた後のことをじっくり考えて住まいをデザイン。効率的な収納プランや、家事ラク動線の確保など豊富なアイデアでご提案させていただきます。

 

 

岡崎東展示場のモデルハウスでは、回遊性の高いキッチン周りや大収納空間、土間のあるバックヤード収納など家事楽の工夫が盛りだくさん!
住み心地にこだわり続けてきたオカザキホームの家づくりを是非体感してみてください(^^)/

実際に、家事ラク動線の家づくりを見てみたい!という方は、お近くのモデルハウスまでお気軽に♪

 

 

▼岡崎東展示場 詳しくはこちら▼
https://www.okazakihome.co.jp/modelhouse/okazakhigashi.html

 

○住所:岡崎市美合町字入込68番地(ハウスプラザ岡崎内)
○見学予約はこちらから→
https://www.okazakihome.co.jp/contact/event.html#eventinfo


1 / 1912345...10...最後 »